ウォーターサーバーを比較してみた

ウォーターサーバー比較してみた実際に使って、よく比較する検証サイト

サーバーの電気代はどれくらいかかりますか?

ウォーターサーバーを選ぶ時に、忘れてはならないのが、月々の電気代。
メーカーによってそう大きく変わるものではないのですが、温/冷両方使えるタイプのもので、1000円前後かかるのが普通です。

月1000円と聞くと、非常に高いように感じるかもしれませんが、家に電気ポットがあるのなら、電気ポットの電気代と、そう大きくは変わりません。
水を電気で沸かすというのは、意外と電力を消費するものなのです。
もっとも、電気ポットがすごく省エネ設計であれば話は別なのですが、基本的には、電気ポットの使用をやめてウォーターサーバーにすれば、電気代はほとんど変わらないと考えてよいでしょう。

冷水だけでよければ電気代は安い

ウォーターサーバーのほとんどが、冷水と熱いお湯との両方が使える仕様になっています。

冷蔵庫も電気ポットも要らなくて良いのですが、特に沸かすのが高い。
開封後の安全性確保のため、一度冷やしておいたものを温水タンクへ送って沸かしているようなものも多くあり、内部の熱効率が良いともいえません。

そこで、一部メーカーには、熱いお湯をオフにするこのできるものがあったり、内部の熱効率を高めて節電仕様にしたものがあったりします。

機種によっては、電気代を半額程度に抑えることもできますから、電気代に着目してメーカーを選んでみるのもおすすめ。

消費者が電気代を気にして選んでいる昨今では、各メーカーも省エネ仕様のサーバーを開発してきていますから、最新情報で比較することが重要です。

↑