ウォーターサーバーを比較してみた

ウォーターサーバー比較してみた実際に使って、よく比較する検証サイト

硬水と軟水について教えて下さい

ウォーターサーバーを選んでいると、必ず「軟水だから大丈夫」「軟水だから美味しい」「硬水は赤ちゃんに悪い」などといった話が出てきます。
この、『硬水』『軟水』とは、いったいどういうものなのでしょうか。
硬い水や軟らかい水なんてないのに、不思議ですよね。

水の硬度

硬水も軟水も、水の「硬度」を表したことばです。
硬度とは、水に含まれているミネラルの量を数値で表したもので、特に、カルシウムとマグネシウムの含有量を表しています。

ウォーターサーバーでは、単に「硬度」としか言われませんが、本当は総硬度とか一時硬度とかカルシウム硬度だとかいろいろあります。

さらに、その数値をもとに分類したものが、「軟水」「硬水」というものです。
WHOの基準では、軟水は、「軟水」と「中程度の軟水(中硬水)」とに分けられ、硬水は「硬水」と「非常な硬水」に分けられます。

  • 軟水 0-60未満
  • 中程度の軟水(中硬水) 60-120未満
  • 硬水 120-180未満
  • 非常な硬水 180以上
  • 気をつけたい「軟水」

    日本の水は、ほとんどが軟水です。

    硬度の高い水は、消化器官の弱い乳幼児や犬や猫などのペットには負担をかけてしまうため、与えてはいけないのですが、そういう意味ではだいたいどのウォーターサーバーを選んでも、特別問題はないように思えます。

    ところが、ここにひとつの落とし穴があります。
    水の硬度は、カルシウムとマグネシウムとで計算されるのが普通です。
    つまり、その他のミネラルだけが異常に多くても、それは「軟水」と表記することができるのです。

    特に今は、バナジウムの健康効果がクローズアップされ、高い含有量を誇るような水がありますが、これは当然、あまり好ましいとはいえません。
    「大丈夫」と書かれていることもありますが、必ず個別に数値を確認しましょう。
    心配ならピュアウォーターにすべきです。

    ↑