ウォーターサーバーを比較してみた

ウォーターサーバー比較してみた実際に使って、よく比較する検証サイト

ウォーターサーバーの水の成分を教えて下さい

一口にウォーターサーバーといっても、実は、水の成分はひとつひとつ違うものです。

もちろん、成分が違えば、味だって違います。
ひとつひとつの味を確認して購入することはできませんが、中に入っている成分などは事前に確認することができますから、調べてみると良いでしょう。

日本ならほとんど軟水

海外のミネラルウォーターには、「硬水」と呼ばれるものが多いですが、日本の水はほとんどが「軟水」です。
これは、水の「硬度」と呼ばれるもので、水に含まれるミネラルの量で決まります。

ミネラルは人の身体に必要なものですが、硬度が高くなりすぎると、水はまずくなるといわれていますし、身体が未発達の乳幼児や、犬や猫など小動物には、多すぎるミネラルが消化の負担になるので避けなければなりません。

ウォーターサーバーの水もミネラルウォーターですから、水の硬度について記載されています。
特に乳幼児やペットに与える予定がある場合には、適切な硬度かどうかをチェックしましょう。

含まれるミネラルは異なる

ところで、ミネラルとはいったい何かご存知ですか?
ミネラルとは、鉄やマグネシウム、カリウム、ナトリウムなど、人の体に欠かせない鉱物のことです。
よく耳にするバナジウムもこれに含まれます。

ウォーターサーバーに含まれるミネラルは、種類も量もそれぞれ異なります。
ミネラルは、味を決定する上でも重要なポイントですから、比較して選ぶようにしましょう。

天然か人工調整か

また、ウォーターサーバーの水は、採取してきたものをほとんど加工しない天然水(ナチュラルウォーター)と、人工的に調整を加えて作られるミネラルウォーターとがあります。

基本的に、天然水の方が高いですね。
品質が安定していて安価なのは、やはり人工的に調整を加えたものです。

↑