ウォーターサーバーを比較してみた

ウォーターサーバー比較してみた実際に使って、よく比較する検証サイト

ウォーターサーバーの放射能対策はしっかりしてますか?

2011年の東北地方太平洋沖地震で起こった福島原発事故以降、日本ではこれまでにはなかった「放射性物質」への恐怖や警戒が強まっています。

「この水道水は大丈夫」と言われても、「放射性物質がゼロなわけじゃないかもしれない」「水道水は信用できない」と考える人が多くなっているのです。

個人的には、あまり神経質になりすぎるのはどうかと思います。
海外の研究を見ても、日本の規制は厳しすぎると言われるくらいですからね。
けれど、目に見えないものですし、制度が厳守されている保証はありませんし、気になるものは気になるのですから、妙なストレスを抱えて生活するよりは、より安心できる対策を取る方が健全です。

ウォーターサーバーは安心

前置きが長くなりましたが、ウォーターサーバーの販売メーカーは、そういった消費者の要望をいち早く汲み取り、放射性物質の検査を行なっているところがほとんどです。

なんといっても、ウォーターサーバーは「安心・安全な水」が最大のポイントですから、各社力を入れているのは納得です。
公式サイトなどに掲載されていますので、気になる人はチェックしてみましょう。

浄水器では不可能

もっとも手頃で安価に済んでいた「浄水器」という選択は、放射性物質に関してはまったく効果がありません。
2012年5月に問題となった、ホルムアルデヒドも同様で、浄水器では防ぐことが不可能です。

ペットボトルの水ならば、水道水や浄水器よりはよほど安全ですが、各社が放射性物質の検査をしているかどうかは定かではありませんから、現時点でもっとも放射能対策が取られているのは、間違いなくウォーターサーバーだといえるでしょう。

↑