ウォーターサーバーを比較してみた

ウォーターサーバー比較してみた実際に使って、よく比較する検証サイト

2016/04/13(水曜日)

ウォーターサーバー5社の使い勝手を調べてみた、その5(クリクラ、クリクラサーバー編)

pixta_18085270_M

クリクラ、クリクラサーバーってどんなウォーターサーバー?

さて、今回で5回目となりました。ウォータサーバー5社の使い勝手を調べてみた、です。
今回ご紹介するのは、クリクラクリクラサーバーです。
こちらも前回ご紹介したうるのん同様、シンプルな分かりやすいウォーターサーバーです。
詳しくご説明していきましょう!

サイズと色の種類は?

クリクラサーバーの大きさは、ボトルを装着していない状態で高さ990mmです。ボトルを装着すると、これにプラス30cm弱程度とお考えください。
また、幅は305mm、奥行きが350mmなので、一般的なウォーターサーバーのサイズですね。
なお、このウォーターサーバーはカラー展開がないので、色は選べません。

crecla_01

HEPAフィルターでボトルの中を清潔に保つ

このクリクラサーバーの最大の特徴はサーバー内にHEPAフィルターを装備していることです!
まず、HEPAフィルターってなんぞや?なのですが、空気清浄機や掃除機の排気口に装備されていることの多い、空気中に含まれる小さな小さなホコリを取り除くために利用する高性能フィルターのことです。
給水(湯)する際に、ボトル内の水が減るのと同時に外の空気がゴボゴボっと音を立てながらボトルの中に入ってくるのですが、この空気はHEPAフィルターを必ず通過する構造になっています。
それによって、ボトル内に汚いホコリや粉塵が入ってこないので、清潔なお水を保つことができるというわけです。
クリクラの品質保持のための工夫ということですね!

定期メンテナンスもあって安心

通常のお手入れでクリクラサーバーを清潔に保っていても、1年も使用すればどうしても>汚れてしまいます。上でご紹介したHEPAフィルターも除去機能が低下してきます。すると、お水がおいしく飲めなくなってしまいますよね。
ですが、ご安心ください。クリクラではいつも清潔で安全にお水が飲めるように1年に1度、今まで使用していたクリクラサーバーを回収し、新しいサーバーと交換してくれるメンテナンスを実施しているのです。
前もって交換の連絡があるので、日時を調整して、立ち会って交換してもらうだけ。たった15分程度で交換してもらえます。
これで、ずーっとおいしいお水が飲めるんですよ。
※なお、メンテナンス費用年に5.000円+消費税が必要です。

安全ロックで給湯も安心

冷水コックは普通に上から押すだけでカンタンに給水することが出来ます。
一方、やけど等のケガ防止のため、温水コックには安全ロックという機構が備わっています。
このロックがついているので、ただ押すだけの冷水コックとは違います。
温水コックを上に上げるそのまま奥へ押す(ここでロックが解除される)→その状態のままコックを下に下げる(押す)、という操作が必要です。
当方がこのサーバーを初めて使った際、何も知らずに温水コックを冷水コックと同じように操作しようとして「???出ない!」と慌ててしまったのですが、仕組みを知れば操作は簡単です。ご安心ください(笑)
なお、お子様のいたずら防止のために冷水コックにも安全ロックがかけられます。ご希望の場合は、担当の加盟店販売店にお問い合わせくださいね。

それでは実際にカップヌードルを作りながら、確認しましょう

クリクラ、クリクラサーバーの水受け皿に定規を当てて皿の幅を測っている画像

上記の画像は、クリクラサーバーの給水(湯)口下にある水受け皿です。クリクラサーバーに装着した状態で撮影しています。
幅は最大で約6cmといったところですね。
ですが、半円の形状のお皿なので両端に行くほど幅は狭くなります。
幅6cmは今までご紹介したサーバーの中でも一番狭い幅です。
イヤな予感がしますが、カップヌードルを水切り皿の上に置いてみましょう。

クリクラ、クリクラサーバーの水切り皿にカップヌードルを置いた画像

カップがかなりはみ出しているようですね。
どれくらいはみ出しているのか、もっと分かりやすくするために下から撮影した画像もあります。

クリクラ、クリクラサーバーの水切り皿にカップヌードルを置いてその様子をしたから撮影した画像

こ、これは、ダメです(笑)カップの半分くらいが水切り皿と接地していません(笑)
物を置くためには作られていませんね。何かを置いたら、それが落ちて片付けが面倒なことになりそうです。
この水切り皿に物を置くのはやめましょう。

というわけで、物が置けないので、カップヌードルを作るときは片手でカップヌードルを持って、もう片方の手で温水コックを操作する、ということになります。

クリクラ、クリクラサーバーから給湯してカップヌードルを作っている画像

なお、先にご紹介した4商品は水切り板と水切り皿の2重構造だったのですが、クリクラサーバーは水切り皿だけのシンプル構造です。

まとめ

クリクラのクリクラーサーバーはウォーターサーバーとして必要な基本的な機能だけを備えた、使いやすい&分かりやすいウォーターサーバーと言えますね。
細かい設定や難しい操作なんていらない!
カンタンにいつでもおいしいお水が飲めれば良いのだ!
という方はクリクラサーバーで十分ということです。

クリクラサーバーについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

ボトル交換についてはこちらをご参照ください。

↑